うつ病は入院して早めに改善|心のバランスを整える治療術

男性

病気克服のためのステップ

女性

うつ病の症状は軽度であれば投薬治療、カウンセリングで対処していくことが可能です。決して克服できない病気というわけではないので、出来るだけ早く専門医の診断を受けることが大切です。重度の症状であれば入院が必要になることもありますが、これによって症状改善がより確実となることもあります。

» 読んでみよう

集中的な治療を望むなら

病院

通院にはないメリット

うつ病の治療では、病院で処方された薬の服用やカウンセリングを受けていくことが基本です。多くの人が通院スタイルを選びますが、精神科や心療内科で病床があるところでは入院をすることもできます。症状が重症でない限り、入院はしたくないという人もいますが、症状が重症でなくても入院は希望できます。うつ病の治療は通院と比べて、メリットがとても多いところがあります。このメリットに共感できるのなら、入院生活を送るほうが治療効果も高くなるかもしれません。まず、通院をしなくて済み、学校や会社を休んで治療に集中することができます。そして、自宅などでも安心して静養できる場所がなければうつ病の改善は難しいです。しかし、入院施設はこういう環境が十分整ってあるので、何も気にせずゆっくり静養することができるのです。そして、治療中は薬を服用していくことになりますが、副作用が出た場合などはすぐに対処してもらえます。症状に不安があったとしても、いつでも医師や看護師に相談することができるので安心感も違います。また、入院生活は規則正しい生活となるので、健康的な生活が送れるのもうつ病には大きなメリットとなります。これ以外でも、患者同士のコミュニケーションを持つこともでき、病院側も定期的なプログラムで心理療法を行っていくところも多いです。静養しやすい環境で本格的に治療を受けていきたい人には、お勧めの治療法です。

治療にいい環境とは

うつ病はその多くがストレスによるものですが、それが仕事であったり人間関係であったりなどさまざまです。うつ病の治療を始めるには、このようなストレスとなる環境から一時的にでも離れなければなりません。ストレスを極力抑えていくことが、治療にとっても効果が期待できるからです。この場合静養するところが自宅と考える人も多いですが、自宅が必ずしも症状の改善にいいと断定できるわけではありません。ときに家族がストレスの原因となってしまうこともあり、そのような環境で静養していくのは効果にいいとは言えないからです。また、1人暮らしをしている場合は、自宅で静養中に健康的な生活を送れるのかも心配の1つです。症状がひどければ食事を作ることも大変ですし、乱れた生活習慣を送ってしまうおそれもあります。特に若い社会人はこういった1人暮らしが多いので、治療に効果的な環境が必要になってきます。うつ病は治ったとしても再発しやすい特徴があり、治療も長期間になってしまうのが一般的です。けれども、入院生活ならば整った環境と心理療法も活発に行われるので、順調に改善できる可能性も大きいです。理解者となってくれる人が常に周りにいるので、それだけでも気持ちの持ちようが違ってきます。こういったことから、入院治療は大きな効果が望める治療として、積極的な取り組みが引き続き行われていくでしょう。

社会資源が重要です

病院

うつ病の中でも大うつ病にかかった場合は入院治療が必要になります。また、この場合、退院後の支援も重要となります。 また、入院治療には莫大な費用が必要となります。そのため、自立支援医療制度や医療保険(発症前に加入している場合)を利用すると負担減となります。

» 読んでみよう

精神疾患での治療

女医

環境要因が関係していることが多いうつ病は、時に入院治療を行なうことで回復がスムーズになることがあります。本人や家族の休息を得るためにも、このような治療は有効です。うつ病で入院した場合にも、加入中の保険の保障は通常受けられます。

» 読んでみよう

環境という要素

微笑む女性

うつ病が悪化して自宅療法だけではどうにもならないという事で、専門機関に入院というケースになる人も多いようです。 しかしこれはいきなりその生活環境が変化するという意味では、心の病気を抱えている人には不向きな場合も多いので、入院の前にそれが問題ないかを十分に確認するべきでしょう。

» 読んでみよう